完成しました!! 1/700 日本海軍 航空母艦 【信濃】 詳細画像です!!

 完成しましたー!!! 1/700 日本海軍 航空母艦 【信濃】 詳細画像を載せます!!

第二次世界大戦終了時までの、世界最大の航空母艦、大和型戦艦由来の艦体を持つ巨大空母(基準排水量62,000トン)、
日本海軍 航空母艦【信濃】です!(*‘∀‘)

タミヤ製のキットをメインにして、各種の信濃専用・純正エッチングパーツや、エッチング甲板、多数の材料を使用し、必要箇所は自作パーツなども用いてスクラッチ製作し、可能な限りディテールアップしました。

重防御の「装甲空母」として知られ、飛行甲板から重装甲で固められていました。
戦艦並みに強固な防御力で、世界最強の「重武装空母」として活躍することが期待されていました。
戦い方も、その防御力を活用して、他の空母とは違い、直衛機のみを搭載して移動航空基地を兼ねた運用方法なども計画されていました。

【信濃】は、現存する資料や写真がほとんどなく、模型にするには、「自由解釈」で製作している部分もあります。
また、もしも実戦に参加していたら、、、という思いでも、製作しました( ^^) _U~~

出来るだけ、画像を載せましたので、ご覧下さい!!

(画像はクリックすると高画質でご覧頂けます)

トップページ 航空母艦 【信濃】 ◆模型製作工房 聖蹟

航空母艦 【信濃】5003-4◆模型製作工房 聖蹟
信濃の飛行甲板は、NVNC甲鈑を装着した上に、「大鋸屑入りセメント」が張ってありました。

航空母艦 【信濃】 DSCN0144-1-2◆模型製作工房 聖蹟

航空母艦 【信濃】DSCN9418-1◆模型製作工房 聖蹟
今回は、海面シートを設置しました(∩´∀`)∩ 光の当たり方によって、海面の表情が変わって、綺麗です♪

航空母艦 【信濃】 DSCN0203-1-2◆模型製作工房 聖蹟
艦上機を何にするか、とても悩んだのですが、今回は、実戦に参加した場合に当初から搭載計画があった、「烈風」、「流星改」、「彩雲」と、紫電改を艦上型にした、「紫電改2」の4種類にしました(´▽`)

航空母艦 【信濃】 DSCN0223-1-2◆模型製作工房 聖蹟
海戦を想定して、増槽タンクや、航空魚雷も搭載致しました。

航空母艦 【信濃】 DSCN0048-1◆模型製作工房 聖蹟
先頭から、「烈風」、「紫電改2」、「彩雲」、「流星改」の順で並んでいます。

航空母艦 【信濃】 DSCN0103-1-2◆模型製作工房 聖蹟
中心にいる、翼から機銃の出ている飛行機は、「紫電改2」です。画像では見えないのですが、胴体下に、艦上機仕様の「着艦フック」を取り付けています。

信濃の航空公試、発着艦実験の際、「紫電改2」でも実施され、成功を収めています。

航空母艦 【信濃】 DSCN9852-1◆模型製作工房 聖蹟

航空母艦 【信濃】DSCN9809-1◆模型製作工房 聖蹟
『信濃』は、連合艦隊第一航空戦隊に編入されていました。それを表す信号旗を掲げています。
また、もしも実戦に投入されていたら、こうなっていたかもということで、マストの最上部に、「大将旗」を
掲げてみました( ^^) _旦~~

航空母艦 【信濃】 DSCN0244-1-2◆模型製作工房 聖蹟

航空母艦 【信濃】 DSCN0154-1-2◆模型製作工房 聖蹟

DSCN9885-1-2-(3).jpg
傾斜煙突です。当時、実験を重ねて、排煙などが着艦の邪魔にならないように、この角度になったそうです。

航空母艦 【信濃】 DSCN9937-1-2◆模型製作工房 聖蹟
下から見上げると、大きな構造物で、迫力を感じます。

航空母艦 【信濃】 DSCN9770-1-2◆模型製作工房 聖蹟K






DSCN0193-1-3.jpg
艦が大きいので、菊花紋章もとても映えます。

DSCN0060-1-3.jpg
艦尾に、信濃の艦名を入れています。

航空母艦 【信濃】 DSCN9660-1-2◆模型製作工房 聖蹟

航空母艦 【信濃】 DSCN9623-1-2◆模型製作工房 聖蹟
対潜迷彩塗装を施しています。特有のコントラストがよく出るように、外舷22号色と、もう一つは、塗料を調合して作りました。
気に入った色を見つけるのに、大変苦労しました(*_*;

DSCN9924-1-3.jpg
28連装墳進砲です。墳進砲と墳進砲の間には、防炎シールドも取り付けました。

DSCN9813-1-2.jpg
艦橋の窓ガラスを表現しています。

DSCN0168-1-3.jpg
艦首甲板下の兵員設備部屋の窓ガラスも再現しました。

航空母艦 【信濃】7752-3◆模型製作工房 聖蹟
艦橋最上甲板の艤装に関して、双眼鏡など、大変でしたが、細かく作り込みました(>_<)

航空母艦 【信濃】 DSCN9997-1◆模型製作工房 聖蹟

航空母艦 【信濃】DSCN0108-1◆模型製作工房 聖蹟
この甲板の色合い、風合いは、自分が納得するまで何度も描き直しました( ;∀;)
セメントの繋ぎ目の場所による色違いの表現と、模型的表現の両方の意味で製作しました。

航空母艦 【信濃】 6678-5◆模型製作工房 聖蹟

航空母艦 【信濃】 DSCN9756-1◆模型製作工房 聖蹟

航空母艦 【信濃】 DSCN9940-1-2◆模型製作工房 聖蹟

航空母艦 【信濃】 DSCN9400-1◆模型製作工房 聖蹟
海面シートは、ディスプレイケースの台座の上に取り付けています。
光を浴びるほど、海面が輝いて綺麗です。

航空母艦 【信濃】 DSCN9116-2-1◆模型製作工房 聖蹟
野外撮影時の画像です。夕日を浴びているところです。
黄昏感が、信濃にとても合います。

航空母艦 【信濃】 DSCN9099-2-1◆模型製作工房 聖蹟

空母特有のウェザリングを施し、仕上げとして模型全体にトップコート(つや消し)の保護コーティング塗装をしています。

信濃に装備されている12.7㎝連装高角砲は、当初は、「長10㎝連装高角砲」にする予定だったそうですが、製造が間に合いませんでした。ただ、12.7㎝連装高角砲の旋回角度は、従来よりも増加させていたそうです。

 昭和19年11月19日に信濃は横須賀で竣工しましたが、残工事や訓練を行うために、空襲の少ない呉への回航が決まり、11月28日夕刻に横須賀を出港しました。
しかし、その翌日29日、アメリカ海軍の潜水艦が放った魚雷4本が右舷に命中、7時間の復旧作業にかかわらず、転覆、潮岬沖に姿を消しました。

不沈空母と言われながら、その実力を示すことなく、魚雷4本で沈んでしまうとは、乗組員の方はもちろん、造船に関わった方たちも、さぞ無念でしたでしょうね、、、その思いと、もう一度復活させたいという気持ちも込めて製作しました(ノ_<)

信濃は、潜水艦に撃沈された、最も巨大な船とのことです。

それでは!m(__)m



艦船ランキング 人気ブログランキングへ



完成しました!! 1/700 航空母艦 『信濃』

 1/700 航空母艦『信濃』 完成しましたー!!!

ここまで、長かったー。゚(゚´Д`゚)゚。

魚雷4本で沈んだとは思えないぐらいに、大きかったです💦
エッチング甲板を使用しているので、手で持つとずっしりとしていて、作業も大変でした(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

でも、嬉しい!!

また、後日、詳細画像を撮影して、アップしたいと思います(* ´ ▽ ` *)

(画像はクリックすると高画質でご覧頂けます)

航空母艦『信濃』 完成ELzNq8aU0AAJDCI◆模型製作工房 聖蹟


艦船ランキング 人気ブログランキングへ



ウェザリングに入ります! 航空母艦 『信濃』 製作中

航空母艦 『信濃』 製作中! ウェザリングに入ります!

ついに、ウェザリングの工程に進みました!(=゚ω゚)ノ ここまで、長かったー
やはり、大和と同じサイズの大型空母です。一つ一つの作業にとても時間がかかりました。(>_<)

信濃は、実戦に投入する前に沈められてしまった艦なのですが、今回の模型は、もしも実戦に投入されていたら、と仮定して、製作しています。
ですので、ウェザリングも、軽めにですが、施していきます(*´ω`)

(画像はクリックすると高画質でご覧頂けます)

航空母艦『信濃』 ウェザリングに入ります!IMG_8170◆模型製作工房 聖蹟

こちらは、1/700の土嚢を造形パテで自作しているところです♪たくさん作っておきます。
今回の信濃でも、この土嚢を設置している箇所があります。
1-700 土嚢 製作中EKxVIbbUcAAVnVo◆模型製作工房 聖蹟


艦船ランキング 人気ブログランキングへ



航空母艦 『信濃』 製作 作り込み中です!



 航空母艦 『信濃』 作り込んでいます!

信濃の写真は、ほとんど残されていないため、細かい部分などは不明なことが多いです。
ですので、数少ない資料や本艦の設計を担当した方々などが描いたスケッチ、また想像も入れながら、作り込んでいます。

でも逆に、この資料が少ないところが想像を膨らまして、作り手の自由度が増す良いところでもあります(^-^)

信濃の「艦橋と一体型の煙突」は、排煙が気流を乱して艦上機の着艦に悪影響しないように、
舷外に26度傾斜させて、直立(傾斜)しています。傾斜角は、風洞実験により、導き出した角度なんだそうですよ(∩´∀`)∩

赤城や加賀に代表されるような、日本空母独特の湾曲煙突は、大傾斜時に浸水の恐れ(防御上の懸念)がありました。
信濃の前の隼鷹型空母で試しに艦橋一体型の煙突をやってみたら、問題なかったので、信濃や大鳳にも、この方式の煙突が採用されたそうです。

この艦橋一体型の煙突で、とても島型艦橋の背が高く見えます。模型を下から眺めると、迫力を感じます(;・∀・)

それにしても、ここまで製作工程がここまで進むと、とても繊細で慎重な作業が求められます((+_+))
製作が佳境に入ってきました!

(画像はクリックすると高画質でご覧頂けます)

航空母艦 『信濃』 作り込み中IMG_8050◆模型製作工房 聖蹟


艦船ランキング 人気ブログランキングへ



艦上機設置しました! 航空母艦 『信濃』 製作中!

航空母艦 『信濃』  製作中、艦上機を設置しました!

艦橋を設置して、艦上機を設置しました!(*´▽`*)

先頭から、「烈風」、「紫電改2」、「彩雲」、「流星改」です。
甲板の塗分け塗装はたいへんでしたが、やっとここまで進みました♪

(画像はクリックすると高画質でご覧頂けます)

航空母艦 信濃 製作中 艦上機設置IMG_7229◆模型製作工房 聖蹟

こちらは、艦橋を取り付けたところです。緑の艦橋が、とても美しく感じます。
航空母艦 信濃 製作中 艦橋設置IMG_7114◆模型製作工房 聖蹟

次の画像は、艦上機設置前に、少し遊んでみました(*‘∀‘)
「試製連山」を載せてみました(笑) 信濃も大きいですが、連山も大きいです!!
連山一機作るのに、零戦10機分の資材が必要だったそうです。
資材不足から、計画中止になりましたが、これぐらい大きな飛行機が空母に搭載されてても、面白いですね♪
航空母艦 信濃 製作中 もしも試製連山設置例IMG_7153◆模型製作工房 聖蹟

次は、艦橋周りの作り込みを進めていきます!



艦船ランキング 人気ブログランキングへ

カウンター

プロフィール

模型製作工房  聖蹟

Author:模型製作工房 聖蹟
 ブログへようこそ!
主に艦船模型を製作しています。
『模型製作工房 聖蹟(せいせき)』の公式ブログです。

 模型製作記録や日々の出来事、気になる情報やお役立ち情報など、「工房長」と、その「助手」で、気ままに綴っています。

※「Twitter」と「ホームページ」もありますので、よろしければご覧下さい。

リンク
Twitter タイムライン
模型製作記録や気になる出来事、役立つ情報など、気ままにツイート&リツイートしています。
お知らせ
『高速戦艦 金剛(1944年 レイテ沖海戦時)』を製作中です。
(依頼製作)

『戦艦 大和(1945年)』を製作中です。(依頼製作)

『米航空母艦 バンカー・ヒル(USS CV-17/Bunker Hill)』が完成しました。
(依頼製作)

『高速・重雷装駆逐艦 島風(1944年 最終時)』が完成しました。
(依頼製作)

『防空駆逐艦 秋月(捷一号作戦)』が完成しました。(依頼製作)

『航空母艦 信濃』が完成しました。

『防空巡洋艦(重巡洋艦)摩耶 レイテ沖海戦時』が完成しました。

日本海軍 戦艦 金剛型 扶桑型 伊勢型 長門型 大和型
島風型駆逐艦『島風』について
アメリカ海軍 航空母艦の紹介
防空駆逐艦 『秋月型』
航空母艦 『信濃』について
日本海軍 重巡洋艦 【摩耶】を発見
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサーリンク


スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム
必要事項をご記入の上、お問い合わせ下さい。 (※メールアドレスの誤入力にお気を付け下さい。また、ドメイン指定受信を設定されている場合は、次のドメインを受信できるようにお願いします。→ @yahoo.co.jp 後日、メールにてご連絡致します。)

名前:
メール:
件名:
本文: