艦上機を設置していきます!(翔鶴 瑞鶴)

 今日は、艦上機を甲板に設置していきます!(*'▽'*)!

甲板に並べるのには、実は順番がありまして、雷装をしている『艦攻』は、機体が重たい分、助走距離が たっぷりと必要になります。そのため、甲板の一番後ろに搭載します、次に『艦爆』を設置し、一番前列は、 機体が軽い『艦上戦闘機』になります。これが基本の搭載の順番です。

間違えないように設置していきます!(ノ∀`)

良い出来栄えの模型になりますように(´∀`*)

1/700艦上機

(画像はクリックすると高画質でご覧頂けます)



IMG_3267.jpg
これは設置前です。


艦船ランキング 人気ブログランキングへ

翔鶴 瑞鶴 (組み上げ中)

今日は、朝から穏やかに晴れていて気持ちがいいです(*^-^*)

翔鶴(南太平洋海戦時)と瑞鶴(エンガノ岬沖海戦時)を組み上げ中です。
やっと、だんだん形になってきました!
作っていて、この時が一番楽しいかもしれません(/ω\)

まだまだ、レーダーやら、マストやら、双眼鏡やらを設置して、、、あっ、あと、防弾ロープとか、、、

そして、もうすぐ、艦上機を搭載します!♪

DM25aWpVAAA_23s.jpg


艦船ランキング 人気ブログランキングへ



京王線・新型車両!

京王線の新型車両に初めて乗れました!

シートが今までのものとは全然違ってリッチで、長居?長乗り?したくなる気分 (o・ω・o)

2018年、春からは有料の座席指定席として運行するのですが、今年の9月29日からの期間だけは、 通常運転していて、たまたま、乗れましたー!(もちろん普通料金で)
ラッキー┌(┌^o^)┐




艦船ランキング 人気ブログランキングへ



航空母艦 翔鶴(甲板製作中)

 航空母艦 翔鶴(南太平洋海戦時)の甲板を製作中です。

風合いを出すため、薄く溶いたオリーブドラブを、エアブラシでかる〜く吹いています。
画像のように、少し離れて見るとわかるぐらいの感じで、薄く「シャドー吹き」しています。

今日はこれをついに、艦体に取り付けていきます!(*'▽'*)!




艦船ランキング
人気ブログランキングへ

航空母艦 瑞鶴 甲板の迷彩塗装

 航空母艦瑞鶴、エンガノ岬沖海戦時の甲板の迷彩塗装が出来ました。

説明書にあるペインティング表を拡大コピーして、切り取り、マスキングに使って、塗装しました。
それでも、なかなか時間がかかりますね(つд⊂)

まだ、塗装に艶がありますが、最後に艶消し塗装と、ウォッシングをすれば、落ち着いた風合いに
仕上がります。

これから、さらに白線を塗装していきますヽ(´▽`)/




艦船ランキング
人気ブログランキングへ


航空母艦 蒼龍 1941年(真珠湾攻撃時) 追加製作依頼

 完成した作品に、人員を乗せてほしいという追加の依頼製作があり、作業が完了しました。

人を乗せると、艦が生き生きとしてきますね(*^-^*)

DSCN5237.jpg

DSCN5241.jpg

DSCN5244.jpg


艦船ランキング 人気ブログランキングへ



第57回・全日本模型ホビーショー(2017年)に行ってきました!

 こんばんは(*^-^*) 
 9月30日と10月1日の両日にわたって開催されました、第57回・全日本模型ホビーショー(2017年)に行ってきました!!(*ノωノ)
場所は、東京・お台場の東京ビックサイトです。

 会場では様々なジャンルのホビー関連企業が出展し、プラモデルやフィギュア、トイホビーなど多数のアイテムを展示。体験・展示コーナーやミリタリーアート展、模型組み立て教室の他、メインステージやミニステージが設置され、魅力いっぱいの各種イベントが開催されました。

 開催概要→全日本模型ホビーショー2017年公式サイト

 9月30日(土)の方に行ってきたのですが、ピットロードさん主催の『大和ミュージアム館長 戸高一成氏と語る、大和型戦艦の真実』というトークイベントがメインステージでやっていて、貴重な専門家のみなさんのお話が聞けて、とてもためになりました。

 なんと、今回の潜水調査で、大和に、25㎜の2連装機銃が装備されていた疑いがあるそうです!(今までの定説は、25㎜機銃は、3連装と単装のみでした)トークショーで、画像を見せていただきました。ただ、それが、大和のどの位置に装備されていたのか、またいくつ装備されていたのかは、わからないらしく、まだまだ、不明な部分みたいです。はっきりとわかったら、今後の模型にも、反映されていくのでしょうね(*^-^*) 

それでは、見る!聞く!触れる!体験する! 見どころ満載のイベントの模様を出来るだけ、レポートしていきます(*^-^*)

※画像は全て、『写真撮影OK』のものです。

(画像はクリックで拡大します)

DSCN5050.jpg

◎ミリタリーアート展


イラストレーター生瀬範義(おおらいのりよし)さんの作品展です。 『スター・ウォーズ』『ゴジラ』シリーズをはじめ、SF・時代劇・戦記物など、あらゆるジャンルの作品を描き続けた方で、 その中でも、戦記物の代表作が集結していました!

 近くでみると、艦船の絵には、直線で描かないといけない部分がたくさんあると思うのですが(砲身や、船体など)、ほんとに綺麗に描かれていて、どうやって描いているのか、不思議になるぐらいでした。そして、迫力もすごいです!

※2018・1.6~2.4まで、『東京・上野の森美術館』で、250点一挙公開の生頼範義展があるみたいですので、 ご興味ある方は、訪れてみてはいかがでしょうか。→生頼範義展サイト

DSCN5085.jpg
作品名=『特攻戦艦大和』

DSCN5074.jpg
『戦艦扶桑型・伊勢型』

DSCN5090.jpg
『死闘の水偵隊』

DSCN5070.jpg
『ソロモンニューギニア作戦Ⅰ』

DSCN5092.jpg
『液冷戦闘機 「飛燕」』

DSCN5060.jpg
『高速爆撃機・銀河』

DSCN5078.jpg
『榛名(戦艦)』

DSCN5082jpg
『赤城(空母)』

◎プロモデラー奥川泰弘氏の作品展

ジオラマアートで有名な、奥川泰弘氏の作品展です!

普段自分が製作している、艦船模型では、このようなジオラマはないので(あっても、海面の洋上航走ジオラマぐらい)、なんだか、ちょっと新鮮に感じます。本当に本物の建物みたいで、サビの表現、油の汚れなど素晴らしいです。見習います(*ノωノ)

DSCN5099.jpg

DSCN5110.jpg

DSCN5108.jpg

◎静岡WL & 青島模型

 『静岡WL』とは、静岡の模型メーカー3社の共同企画のブースで、タミヤ、(株)青島文化教材社、(株)ハセガワのウォーターラインシリーズを紹介しています。製品ラインナップは、現在、150点以上も出ているそうですよ!

 ブースには、1/700洋上モデルの展示や、僕も購入したことがあるのですが、ウォーターラインシリーズのガイドブックが売られていました。ガイドブックには、模型製作の手引きや、情景模型のつくり方、軍艦の知識の事など、色々と製作のためになるようなことが載っています。値段もお手頃ですし(確か、、、900円ぐらい)おすすめです。特に、これから、艦船模型を作ってみようという方には、いいと思いますヽ(・∀・)ノ

 1/700スケールは、スペースをとらずコレクションに最適ですし、精密な細部表現で作りごたえも十分楽しめます。艦船模型製作者として、これからも是非、いいモデルを作っていただきたいです。応援しています!

DSCN5145.jpg

青島模型さんのブースには、これから新発売の艦これ仕様の『軽空母 大鷹』『航空母艦 アークロイヤル』が並んでいました。 ヨーロッパの艦船って、なんだか、優雅な感じがしますよね。なんか、いつも紅茶飲んでそうです。そんなイメージのアークロイヤルのキャラ設定はぴったりだなぁと思いまして、写真を撮りました(n‘∀‘)η

DSCN5160.jpg

◎バンダイ

いきなり、ブースにドーンと1/100スケールの大きな宇宙戦艦ヤマトがありました! 波動砲の発射音も聞こえていましたよ。

DSCN5165.jpg

DSCN5168.jpg

DSCN5167.jpg

DSCN5169.jpg

◎鉄道模型

 鉄道模型には、あまり詳しくないのですが、この『DD51』というのは、子供の頃に、JR八王子駅で見かけたことがあって、「こんな色の電車があるのかぁ、、、」と、少しだけわくわくした記憶があります。

ディーゼル機関車ということで、他の電車の形とも違っていて、なんかかっこいいなぁと思っていました。そんな気持ちで、この『DD51』だけ撮りましたヽ(´▽`)/

画像がなくて申し訳ないのですが、他にも、様々な鉄道模型が展示されていましたよ。

DSCN5157.jpg

DSCN5156.jpg

◎ちょっと休憩

 メインステージで行われた、『大和ミュージアム館長 戸高一成氏と語る、大和型戦艦の真実』のトークショーで貴重なお話を聞いたあと、ちょっと会場の外に出てみました。

 場所が、東京・お台場なので、『東京ベイブリッチ』が目の前に飛び込んできました。う~む、きれいなトラス構造の橋です。 橋を見ながら、艦船模型製作の勉強にもなるなぁと、そんなことばかり考えていましたΣ(゚д゚;)

DSCN5129-1M.jpg

艦船模型でいうところの、内火艇みたいなサイズの船が航走していました。 DSCN5138.jpg

◎ピットロード

 ついに来ました!ピットロード社!今回のホビーショーで、一番見たかったブースです。 理由はもちろん、最新考証の戦艦大和のキットが発表になったからです!2016年の大和潜水調査により、多くの情報や発見がもたらされました!

 今回のメインステージのトークイベントで、専門家の方や、大和ミュージアム館長の戸高氏がおっしゃっていたのですが、大和は、これまでも何回か潜水調査をしているのですが、今までは、調査といっても、テレビ局が、「大和を発見しました!」ぐらいの感じで、詳しい計測などはしてなかったそうです。それが、今回は、完全に詳細な潜水調査が行われました。 その調査結果を精査して、完成したのが、今回のキットです!
 まだまだ謎の部分もたくさんあるということですが、真実の大和をいつまでも追い求める心意気に感謝です!(*´ω`*)

 画像は、会場新発表の戦艦大和(最終時)、武蔵(最終時)です。最新考証がふんだんに盛り込まれているのも、嬉しいのですが、成形技術の進歩も、ほんとにすごいです(゚∀゚) 素組みでも、十分楽しめるし、コレクションになると思いますよ!

DSCN5191-1M.jpg

DSCN5206.jpg

DSCN5203.jpg

ブース内で頂いたフライヤーです。
IMG_2984.jpg

2015年のシブヤン海での武蔵発見により、こちらも最新考証のものが2018年1月に発売予定です。
DSCN5205.jpg

◎フレームアームズ・ガール

 フレームアームズ・ガールは、東京都立川市に本社がある玩具メーカー、『コトブキヤ』が企画、製造したキャラクターです。 JR立川駅に、立川本店(販売店舗)があり、プラモデルやフィギュア、模型塗料、工具類など一式が売っています。 うちの工房から、わりと近いので、たまに、立川に買い出しにいくことがあります。

 少し前にアニメのテレビ放送をしていましたが、立川駅周辺の本当の景色をアニメに使っていて、ちょっとだけ、嬉しい気持ちになりました。でも、地元の人にしかわからないんだろうなぁ、、、と思ってました(つд⊂)

 そして、立川市とのコラボということで、今回、会場の入口に、フレームアームズ・ガールのキャラクターたちがプリントされた市営バスが展示されていました。会場のお客さんたちは、展示されているバスにみんな乗り込んだりしていましたよ。

DSCN5172.jpg
10/1スケールが展示されてました。本当のキャラクターは、これの1/10ということです。

DSCN5176.jpg
これが本当の大きさです。

DSCN5215-1M.jpg

DSCN5222.jpg

DSCN5225.jpg

DSCN5052-1(M).jpg

<DSCN5053.jpg

DSCN5219.jpg
 このキャラクターは、『バーゼちゃん』というらしく、うちの工房でたまにお手伝いをしてくれている『助手(o・ω・o)』のお気に入りということで撮りました(笑)

◎ゴッドハンド(スジ彫りヤスリ 実演)

 ここのブースで、スジ彫りヤスリの実演会をしておりました。こういう、便利工具の使い方が、目見て、手で触ってわかるのも、 ホビーショーの醍醐味です(^^♪

 このスジ彫りヤスリ、『小』と、『極小』の二つのサイズがあり、『極小』は、0.2㎜以下のスジ彫りも出来るとのことでした。 普段、ケガキ棒を使ってスジ彫りをしているのですが、0.2㎜以下のスジ彫りは、とにかくケガキ棒の刃が細くて、とても折れやすいです。先日も、一本折ってしまいました"(-""-)" ですが、このスジ彫りヤスリでしたら、そういう心配はありません!また、ケガキ棒ではケガキにくい、曲線のスジ彫りも自由自在でした!( ゚Д゚) 一本ほしいなぁ、、、。

※右利き用と、左利き用があります。

DSCN5213.jpg

IMG_20170930_163458.jpg

IMG_20170930_163432.jpg

<最後に>

 楽しいホビーショーでした。絶対にまた来ます!いい勉強にもなりますし、なにより、いい刺激をたっぷりと受けました(*^-^*) また製作に励みます!

IMG_2989.jpg

DSCN5188.jpg
楽器の模型です。音楽に関することも好きなので、思わず撮りました。

  本当にいろんな展示があって、ご紹介できたのは、ほんの一部です。まだまだ魅力的なものがたくさんありましたよ。 もしもまだ行ったことがない方がいましたら、是非行ってもらいたいです。お子様との家族連れや、カップルでいっても楽しいと思います(*'ω'*)

ふ~、やっと、書き終わりました(*ノωノ) でも、ブログを書いていると、ホビーショーの魅力をまた思いだして、楽しかったです。 最後まで読んで頂きましてありがとうございました! それでは!また!


艦船ランキング 人気ブログランキングへ



カウンター

プロフィール

模型製作工房  聖蹟

Author:模型製作工房 聖蹟
 ブログへようこそ!
主に艦船模型を製作しています。
『模型製作工房 聖蹟(せいせき)』の公式ブログです。

 模型製作記録や日々の出来事、気になる情報やお役立ち情報など、「工房長」と、その「助手」で、気ままに綴っています。

※「Twitter」と「ホームページ」もありますので、よろしければご覧下さい。

リンク
Twitter タイムライン
模型製作記録や気になる出来事、役立つ情報など、気ままにツイート&リツイートしています。
お知らせ
『高速戦艦 金剛(1944年 レイテ沖海戦時)』を製作中です。
(依頼製作)

『戦艦 大和(1945年)』が完成しました。(依頼製作)

『米航空母艦 バンカー・ヒル(USS CV-17/Bunker Hill)』が完成しました。
(依頼製作)

『高速・重雷装駆逐艦 島風(1944年 最終時)』が完成しました。
(依頼製作)

『防空駆逐艦 秋月(捷一号作戦)』が完成しました。(依頼製作)

『航空母艦 信濃』が完成しました。

『防空巡洋艦(重巡洋艦)摩耶 レイテ沖海戦時』が完成しました。

日本海軍 戦艦 金剛型 扶桑型 伊勢型 長門型 大和型
島風型駆逐艦『島風』について
アメリカ海軍 航空母艦の紹介
防空駆逐艦 『秋月型』
航空母艦 『信濃』について
日本海軍 重巡洋艦 【摩耶】を発見
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサーリンク


スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム
必要事項をご記入の上、お問い合わせ下さい。 (※メールアドレスの誤入力にお気を付け下さい。また、ドメイン指定受信を設定されている場合は、次のドメインを受信できるようにお願いします。→ @yahoo.co.jp 後日、メールにてご連絡致します。)

名前:
メール:
件名:
本文: