『英国戦艦 ウォースパイト』 ポンポン砲

 有名なポンポン砲を工作中です。

 ポンポン砲は、イギリス製の対空火器に対して付けられた通称で、独特な射撃音から、ポンポン砲と呼ばれていたそうです。 玉詰まりが多く、故障も多いものの、大口径化版の2ポンド砲では口径が40mmあり、連射可能な対空火器の中では非常に強力でした。大火力&有名な近接対空火器です。

ウォースパイトは、『2ポンド8連装ポンポン砲』を 4基装備していました。

まだまだこれから、照準器や台座を取り付けて、もっと精密な形にしていきます。

塗装したらどうなるのか、楽しみです(^-^)/




艦船ランキング 人気ブログランキングへ




『航空母艦 加賀』 製作中

 『航空母艦 加賀(ミッドウェー海戦時)』を製作中です。

今回は、画像にある、エッチング甲板を使っていこうと思っています。

加賀の甲板は、木甲板の部分が赤城に比べて少なく、また実は、日本が空母でカタパルトを実用化しようとした跡などがあるのですが、それがエッチング甲板でしたら、細かく表現されています。

ただ、このエッチング甲板というものは扱いが少々難しく、とくに、塗装がうまく塗れなかったり、作業中に剥がれてしまったりして、苦労する部分もあります。(^^;) 丁寧に塗装していきます。

迫力のある『加賀』が完成するように、頑張ります!

うまくいきますようにo(^-^)o




艦船ランキング 人気ブログランキングへ




英国海軍戦艦『ウォースパイト』 製作中です

 英国海軍戦艦クイーン・エリザベス級2番艦、『ウォースパイト』を作っています。

波除けや、アンカーチェーン、ボラードなどを作り変えました!( ´ ▽ ` )

『ウォースパイト』は、第二次世界大戦中に最も活躍した戦艦と言われています。
日本軍によって、「レパルス」、「プリンス・オブ・ウェールズ」がいなくなった後、東洋艦隊の支援のため、一時期、インド洋にも進出しています。

英国艦艇らしく(!?)、強さの中に、美しさも感じられるような模型にできるように、頑張っていきます!(^^ゞ

良い模型になりますようにo(^-^)o




艦船ランキング 人気ブログランキングへ




『駆逐艦 雪風』 建造開始!

 もうすぐ春ですが、春への希望を込めて、幸運艦と言われた駆逐艦、『雪風』を作り始めました!
(あと、いま開催中の平昌オリンピックの日本選手団への応援もこめてヽ(´▽`)/)

ベースキットは、フジミ模型です。

太平洋戦争全期間を戦い抜き、数々の戦果をあげつつ、大きな損傷もなく、終戦まで生き残りました。

電探や、対空兵装が強化された、天一号作戦大和随伴時(1945年)を再現していきます!

良い模型になりますように( ´ ▽ ` )




艦船ランキング 人気ブログランキングへ




完成!! 1/700 【赤城】(ミッドウェー海戦 1942年)の詳細画像です!

 完成しました、日本で最初の大型空母、航空母艦『赤城』(ミッドウェー海戦時 1942年)の詳細画像をアップします!(*^-^*)
※当時、世界最強とうたわれた第一航空艦隊の旗艦として太平洋に君臨した最後の姿です。

ハセガワ製のキットをメインにして、各種の赤城専用エッチングパーツや多数の材料を使用し、必要箇所は自作パーツなども用いてスクラッチ製作し、可能な限りディテールアップしました。

(画像はクリックすると高画質でご覧頂けます)

トップページ『赤城』
・艦首甲板に、ミッドウェー海戦時だけの特徴的な日の丸塗装を再現しています。

DSCN7247-1.jpg
・木甲板は、マスキングによる多色塗装で再現しています。

DSCN7401-1.jpg
赤城は『第一航空艦隊第一航空戦隊の旗艦』でした。
旗艦として、「南雲忠一 中将」が乗艦していましたので、マストの上部に中将旗を掲げています。 また、『第一航空艦隊第一航空戦隊』を表す信号旗も掲げています。

DSCN7418-1.jpg

艦橋-信号旗
・艦橋に赤城特有の断片防御用のマントレットを設置しています。ミッドウェー海戦時ですので、真珠湾から今までの雨風、排煙、油などによる汚れが染みているような、色味にしました。

DSCN7811-1-2.jpg

DSCN7361-1.jpg
・各、艦上機の胴体に、『赤城所属』を示す1本の赤帯を再現しています。

DSCN7835-1-2.jpg
・隊長機の垂直尾翼のマーキングや、代表的な機体番号を入れています。

DSCN7363-1.jpg
・九七式艦上攻撃機には、ペンキがはげ落ちた歴戦のあとを塗装で再現しています。

DSCN7138-1-2.jpg
・甲板裏のトラス構造をエッチングパーツで再現しています。また、資料をみながらスクラッチ製作もしています。

DSCN7962-1-2.jpg
・筋かいの部分は、0.2㎜の真鍮線で微調整しながら製作しました。
甲板の取り付けにたいへん苦労しました(;´Д`A ```

DSCN7984-1-2.jpg

DSCN7564-1-2.jpg

DSCN7609-1-2.jpg

DSCN7685-1-2.jpg
・『12㎝連装高角砲』の砲身は、全て真鍮パイプで作り直しています。防弾ロープも設置しました。
この12㎝連装高角砲を最後まで設置していたのは、赤城だけらしいです。僚艦の加賀は、近代化改装のおりに、多くの艦が装備している、『12.7㎝連装高角砲』に換装されていました。

DSCN7738-1.jpg

DSCN7482-1-2.jpg
・赤城の巨大な一本の曲面煙突が個人的に好きなところです(*^^*) 大型空母らしさを感じます。駆逐艦の煙突何本分になるんだろう・・・と考えてしまいます。Σ(・□・;)

DSCN7545-1-2.jpg

側面-全体
・空母特有のウェザリングを施しています。

DSCN8003-1-2.jpg
・一円玉比較をしてみました(^-^)

DSCN7070-1.jpg
・ウェーブ製・T-ケース(WL)の台座にビス固定したところです。台座の黒色が、赤城をとても落ち着かせてくれます。

トップページ『赤城』2

・25mm連装機銃を全て高精度なパーツに換装し、各所「リノリウム甲板」部分もエッチングパーツで再現しています。

赤城は、元々巡洋戦艦として建造が開始され、そのなごりなのか、大改装後もケースメート式の『20㎝単装砲』が6門、後部両舷に装備されています。この20㎝砲は、新造時の古鷹型や青葉型巡洋艦の主砲と同型とのことです。また、日本の空母で左舷に艦橋があるのは、赤城と他には飛龍だけでした。ここも、他の空母と違うところです。

赤城は、第一航空艦隊全体の旗艦でもあり、日本を代表する重要な空母でした。

太平洋、インド洋と縦横の活躍をし、歴戦を重ねてきましたが、昭和17年6月のミッドウェー海戦でついに戦没しました。

それでは!m(__)m


艦船ランキング 人気ブログランキングへ



『航空母艦 赤城(ミッドウェー海戦時 1942年)』が完成しました!!

やっと完成しましたー!!

建造開始から、約2か月半です。
作業工程が多くて、めちゃくちゃ大変でした(T_T)
甲板裏のトラス構造の工作には苦労しました(;´Д`A ```

忘れられない艦になりました(ノ_<)
嬉しい!!!

詳細画像を近々アップします!

(画像はクリックすると高画質でご覧頂けます)



次に作り始めたばかりの、英戦艦「ウォースパイト」と並べてみました。
赤城、大きい!!(*゚▽゚*)

IMG_4585.jpg


艦船ランキング
人気ブログランキングへ


カウンター

プロフィール

模型製作工房  聖蹟

Author:模型製作工房 聖蹟
 ブログへようこそ!
主に艦船模型を製作しています。
『模型製作工房 聖蹟(せいせき)』の公式ブログです。

 模型製作記録や日々の出来事、気になる情報やお役立ち情報など、「工房長」と、その「助手」で、気ままに綴っています。

※Twitter もありますので、よろしければご覧下さい。

リンク
Twitter タイムライン
お知らせ
『航空母艦 赤城(ミッドウェー海戦時 1942年)』を製作中です。(依頼製作)

『航空母艦 赤城(真珠湾攻撃時 1941年)』が完成しました。(依頼製作)

『航空母艦 加賀 (ミッドウェー海戦 1942年)』が完成しました。

航空母艦 赤城について
航空母艦 加賀(1921-1942)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: