1/700 日本海軍 軽巡洋艦 【多摩】(北方迷彩仕様 1942年1月中旬~5月中旬頃)を建造します!!①

次は、1/700 日本海軍 軽巡洋艦 【多摩】
(北方迷彩仕様 1942年1月中旬~5月中旬頃)を建造します!!①

 5,500t型 軽巡洋艦 球磨型二番艦 【多摩】 を作ります!!
自分が住んでいる地域の艦名なので、また新たに感慨深い気持ちです
(* ´ ▽ ` *)

北方迷彩が施され、悪天候による損傷部の修理や船体の補強、前マストトップを短縮しヤードを1本にする工事などが終了した、1942年1月中旬〜5月中旬頃を目指し、タミヤの名作キットを使用していきます!

関東山地南部、山梨県菩薩峠の北方に源流があり東京湾に注ぐ 『多摩川』、その多摩川に因んで命名されました。
昔から玉川上水などの名によっても多摩地域や江戸市民の飲料水や農耕用水として活用されてきました。

『多摩』は、北方海域から南洋海域まで、幅広く行動した艦でもあります。 そして、猫のような艦名でもありますね(;'∀')苦笑

極寒の北洋を活動中の姿を出来るだけ再現していきます!!


軽巡洋艦【多摩】(北方迷彩 1942年1月中旬~5月中旬頃)作ります!!FOwmORsVkAAoi_S◆模型製作工房 聖蹟


------------------------------------------------------------------------

◆「Twitter」と「ホームページ」もございますので、宜しければご覧ください。

<リンク>

・模型製作工房 聖蹟 Twitter

・模型製作工房 聖蹟 ホームページ



艦船(模型・プラモデル)ランキングへ
(人気ブログランキングに参加中です。いつもご投票いただき、誠にありがとうございます。)





追加・完成画像&雪降る動画です!!1/700 米海軍 大型巡洋艦【アラスカ(USS Alaska CB-1)】(1944年11月~12月頃)㉕   (依頼製作)

完成! 1/700 米海軍 大型巡洋艦
【アラスカ(USS Alaska CB-1)】(1944年11月~12月頃)㉕

追加・完成画像&雪降る動画を掲載しました(*'▽')

先日、野外撮影をしてきました!
その時の追加完成画像です。

近所の公園の高台で撮影しているのですが、当日は風が強く、日が出ていてもまだ肌寒かったです。
ですが、梅の花も満開でもうすぐ春が来ることを感じられ、青空も綺麗でした🌸

(画像はクリックすると高画質でご覧頂けます)


米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)DSC_0124 (2)-25野外撮影◆模型製作工房 聖蹟

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)DSC_0121 (2)-12-25野外撮影◆模型製作工房 聖蹟


・こちらは、画質は少し悪いのですが・・・(^^; アラスカに似合うかなぁと思い、雪を降らせてみました⛄
短い動画ですが、宜しければお楽しみ下さい。似合っていると思います♪

それでは!m(__)m


------------------------------------------------------------------------

◆「Twitter」と「ホームページ」もございますので、宜しければご覧ください。

<リンク>

・模型製作工房 聖蹟 Twitter

・模型製作工房 聖蹟 ホームページ



艦船(模型・プラモデル)ランキングへ
(人気ブログランキングに参加中です。宜しければクリックをお願いいたします。いつもご投票いただき、誠にありがとうございます。)





完成しました!!1/700 米海軍 大型巡洋艦【アラスカ(USS Alaska CB-1)】(1944年11月~12月頃)㉔ (依頼製作)

完成しました!! 1/700 米海軍 大型巡洋艦
【アラスカ(USS Alaska CB-1)】(1944年11月~12月頃)㉔
完成画像を載せます!!(*'▽')

 米海軍 大型巡洋艦アラスカ級一番艦、ネームシップの【アラスカ】は、戦艦と巡洋艦を掛け合わせた独自の『ハイブリット艦』で、巡洋艦と戦艦の中間ともいえる独自のスタイルが魅力の艦です。

非常に細長い形状の特殊な巡洋艦で、全長だけなら「アイオワ級戦艦」にも匹敵する長さです!

船体分類記号の「CB」とは、「クルーザービック」のことで、
「ラージクルーザー(CL)」が使われないのは、すでに軽巡洋艦で
「ライトクルーザ(CL)」の艦種記号が充てられていたためとのことです。

ちなみに、重巡洋艦は別に「CA」という記号が割り当てられており、
大型巡洋艦は、アメリカでは重巡とは別で区別されていました。

◎2021年4月に発売された、トランペッター製の最新キットをメインにして各種の流用エッチングパーツや、汎用エッチングパーツ、多数の材料を使用し、必要箇所は自作パーツなども用いてスクラッチ製作し、可能な限りディテールアップしました。

 この1/700 アラスカ製作が始まった2022年8月頃は、アラスカ用の純正エッチングパーツセットというものが発売されていなくて、流用エッチングパーツ(主にフライホーク社 アイオワ級エッチングパーツセットFH780003)や、自作パーツなどを駆使してスクラッチ製作しています。現在(2022.3月)は、純正エッチングパーツセットが発売されているかもしれません( ;∀;)

 製作年次は、フィラデルフィア海軍工廠で改装工事を経てレーダ類も最新になり、米海軍特徴のダズル迷彩(ミディアムパターンシステム)が施されていた、1944年11月~12月頃の艦容を目指して製作しました。

専用エッチングパーツがなかったので(キットに付属されている、11個のエッチングパーツのみ・・・)、どこまで作り込めるか未知数な部分もありましたが、数少ない貴重な資料も参考にして、全力で製作しました!!(ノД`)・゜・。

出来るだけ画像を載せましたので、ご覧下さい!!

(画像はクリックすると高画質でご覧頂けます)


米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃 トップページ2◆模型製作工房 聖蹟

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0984-1-(3)-◆模型製作工房 聖蹟
・『大型巡洋艦』(実質的な巡洋戦艦)というのは他国にはあまり見られない特殊な艦で、日本が「秩父型大型巡洋艦」なるものを密かに建造しているという誤情報を掴んで対抗するために建造されました。

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)1DSC_0737-1-1-2◆模型製作工房 聖蹟

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)1DSC_0468-1◆模型製作工房 聖蹟
・上甲板や構造物にも迷彩塗装が施されています。

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)1DSC_1022-1-2◆模型製作工房 聖蹟

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0121-1◆模型製作工房 聖蹟
・アラスカ特有の12インチ3連装主砲は、ワイオミング級戦艦の砲を改良したアラスカ級のために採用した砲で、12インチ砲ながら14インチ砲弾並の重量級の砲弾が発射可能でした。

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0125-1-(3)-(3)◆模型製作工房 聖蹟
・12インチ砲は日本の14インチ砲搭載の高速艦との交戦を想定して開発されたもので、一発あたりの破壊力は、14インチ砲弾と比べるとやや劣りますが、装甲貫徹力は、日本の14インチ砲弾にほぼ匹敵するほどの威力があったそうです。

砲身リコイル部分は、ハセガワの「チタンフィニッシュ」を巻き付け、
墨入れで味わいを付けています♪
1/700 12インチ砲真鍮砲身がなかったため、キットのものを加工して使用しましたが、真鍮製と遜色なく設置できてよかったです。

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)1DSC_0932-1-2◆模型製作工房 聖蹟

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0229-1-(2)◆模型製作工房 聖蹟
・この時期のダズル迷彩、メジャーシステム塗装、
『メジャー32/デザイン1D』(ミディアムパターンシステム)を施しています。
5-L(ライトグレー)、ダルブラック、20-B(デッキブルー)、5-O(オーシャングレー)で舷側・上甲板・構造物が塗分けられていました。 塗料をイメージに合うように調色し、エアブラシと筆塗を繰り返して仕上げました。

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)1DSC_0872-1-2◆模型製作工房 聖蹟
・ダルブラックの黒が、かなりの迷彩効果(主に対潜用迷彩)を発揮しているように思えます。

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)1DSC_0818-1-2◆模型製作工房 聖蹟

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)1DSC_1026-1-2◆模型製作工房 聖蹟
・この時期の太平洋で活動していた多くの艦艇に適用されていた、
メジャー32・ミディアムパターンシステムは、太くコントラストが強い幾何学的なパターンで、左右非対称となっています。

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)1DSC_1025-1-2◆模型製作工房 聖蹟





米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0759-1-(3)◆模型製作工房 聖蹟
・アメリカ国旗と信号旗です。
信号旗は、何を示しているのか詳しくはわかりませんが、アラスカ写真資料を参考にして同じような色・形のものを取り付けています。

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)3DSC_0001-1-(3)◆模型製作工房 聖蹟
・船体と同様、艦橋の形状も、とてもスマートで美しいです。

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0413-1-2◆模型製作工房 聖蹟

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0876-1-(3)◆模型製作工房 聖蹟
・搭載機『SC-1 シーホーク 水偵』です。この時期の3色スキームで塗装しています。
キャノピーが真鍮線による自作で大変でしたが、なんとか形になってよかったです( ;∀;)

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0737-1◆模型製作工房 聖蹟

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0114-1-2◆模型製作工房 聖蹟
・シーホークは、カタパルトに一機づつ搭載しています。
アラスカは、細長い船体で船体スペースに余裕があったため、搭載機の運用が艦尾甲板よりも容易で波浪の影響も受けにくいという理由から、
艦中央部にカタパルトを含む航空艤装が設置されていました。

この配置は後に、カタパルトが対空砲の射界を遮るという問題も生じさせたそうですが、艦中央部に配置したことで、とてもスマートにまとまった綺麗な船体形状になっております✨

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0122-1◆模型製作工房 聖蹟
・錨甲板には、揚錨繫留装置が装備されています。
参考資料を見ながら、手探りで進めていきました。

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0775-1-3-(3)◆模型製作工房 聖蹟
・艦首部は、比較的強いシアーやフレアーが付けられ凌波性を考慮した「クリッパー型艦首」となっています。





米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0930-1-(3)◆模型製作工房 聖蹟
・迷彩の黒でよく見えませんが、煙突上に設置されているトランペットのような形の『汽笛(きてき)』も再現しています。

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0701-1◆模型製作工房 聖蹟
・後部艦橋付近の5インチ両用砲の一部は、少しだけ角度を上げて、上空を狙っている感じにしました。
Mk.37射撃包囲盤と、Mk.12/22両用砲射撃指揮レーダーは、資料画像を参考に、素材を組み合わせて作っています。

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0681-1◆模型製作工房 聖蹟

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)1DSC_0990-1-3-250◆模型製作工房 聖蹟

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0899-1-2◆模型製作工房 聖蹟
・艦尾甲板付近の様子、甲板物品を取り付け、「救命筏(イカダ)」を
ロープで固定しています。φ(・ω・。)

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0573-1◆模型製作工房 聖蹟


米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0741-1-(3)◆模型製作工房 聖蹟
・SKレーダー(対空探索)、SGレーダー(水上探索) 、TBSアンテナ、IFFアンテナなどなど・・・
1944年竣工の大型巡洋艦アラスカ級には、日本の「八木・宇田アンテナ」と「分割陽極型マグネトロン」の技術を使った様々な 高性能レーダーが搭載されていました。

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0826-1-(3)◆模型製作工房 聖蹟

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0138-1-(3)-◆模型製作工房 聖蹟

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0962-1-(3)◆模型製作工房 聖蹟
・一本一本極細真鍮線を組み合わせて作っています。





米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0965-1◆模型製作工房 聖蹟
・SGレーダー(水上探索) の設置櫓の手摺が、微妙なバランスが必要で意外と苦労した部分です(;´Д`)

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)1DSC_1003-1-(3)◆模型製作工房 聖蹟

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0464-1-2◆模型製作工房 聖蹟
・艦橋前面上部の『TDYアンテナ』が個人的に好きなポイントです♪

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0323-1-2-6◆模型製作工房 聖蹟
・アラスカが任務についていたのは、主に沖縄などの周辺海域ですが、夜の冷たい海が合っているようなイメージがしたので、撮影してみました。黒の迷彩が、夜にとても映えている気がします( ^^) _U~~

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)2DSC_0335-1-(2)◆模型製作工房 聖蹟


米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)3DSC_0020-1-3-◆模型製作工房 聖蹟
・艦橋真正面からの撮影です。

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)1DSC_0575-1-2-◆模型製作工房 聖蹟
・ネームプレートと一緒に撮影です📷✨

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)3DSC_0039-1◆模型製作工房 聖蹟
・家にあったアメリカ硬貨、5セントコインとの大きさ比較です。
ちょっとわかりにくいかも知れませんが・・・
日本の50円玉と同じくらいの大きさです(^^;

米海軍 大型巡洋艦『アラスカ』(USS CB-1 1944年11月~12月頃)SIMG_6273-1-2-◆模型製作工房 聖蹟
・箱絵と一緒にパシャリ✨多くの試行錯誤があり時間がかかりましたが、完成してとても嬉しいです(´;ω;`)ウッ…

模型全体に、つや消しによる保護コーティング塗装を行っています。

 アラスカ級は、戦争の後期に完成したため、想定していた日本艦との海戦の機会はあまりありませんでしたが、高速空母に随伴して機動部隊を構成するのに最適な艦でした。
※硫黄島上陸作戦、沖縄作戦、日本本土攻撃などに参加

 良いところ、独自性もいっぱいありましたが、運動性能(旋回性能)があまり良くなく、長細い船体で直進安定性は抜群でしたが、良すぎて
「舵(かじ)」のききがタンカー並に悪く、艦隊行動を乱すほどでした。完全に空母に随伴できるほど機関出力に余力はないとの報告もありました。
そういった理由などから、1947年2月17日に退役、1960年6月1日に
僚艦「グアム」とともに除籍されました。

しかし、独自のハイブリッドスタイルの細長い船体とスラっとした艦橋、異国感あふれる迷彩塗装は、美しい異彩を放っています。

 最後になりましたが、戦争は模型の世界だけで十分です。実戦は絶対にしてはいけません。
ウクライナに早く平和が訪れますように・・・。


それでは!m(__)m


※参考図書・資料

・アメリカの戦艦(歴史群像 太平洋戦史シリーズ Vol.58 学研)
・世界の艦船(第二次大戦のアメリカ戦艦 10月増刊 1999.No.559
海人社)
・写真集米国の巡洋艦(丸 季刊 Graphic Quarterly SUMMER 1976 No.25 潮書房 )


------------------------------------------------------------------------

◆「Twitter」と「ホームページ」もございますので、宜しければご覧ください。

<リンク>

・模型製作工房 聖蹟 Twitter

・模型製作工房 聖蹟 ホームページ



艦船(模型・プラモデル)ランキングへ
(人気ブログランキングに参加中です。宜しければクリックをお願いいたします。いつもご投票いただき、誠にありがとうございます。)





カウンター

プロフィール

模型製作工房  聖蹟

Author:模型製作工房 聖蹟
 ブログへようこそ!
主に艦船模型を製作しています。
『模型製作工房 聖蹟(せいせき)』の公式ブログです。

 模型製作記録や日々の出来事、気になる情報やお役立ち情報など、「工房長」と、その「助手」で、気ままに綴っています。

※「Twitter」と「ホームページ」もありますので、よろしければご覧下さい。

リンク
Twitter タイムライン
模型製作記録や気になる出来事、役立つ情報など、気ままにツイート&リツイートしています。
お知らせ
『伊号潜水艦 伊-16、伊-27、伊-58(真珠湾攻撃時)、伊-400』を製作中です。

『軽巡洋艦 多摩(北方迷彩仕様 1942年1月中旬~5月中旬頃)』を製作中です。

『米海軍 大型巡洋艦 アラスカ(USS Alaska CB-1)』が完成しました。(依頼製作)

『高速戦艦 金剛(1944年 サマール島沖海戦時)』が完成しました。
(依頼製作)

『戦艦 大和(1945年)』が完成しました。(依頼製作)

『米航空母艦 バンカー・ヒル(USS CV-17/Bunker Hill)』が完成しました。
(依頼製作)

『高速・重雷装駆逐艦 島風(1944年 最終時)』が完成しました。
(依頼製作)

『防空駆逐艦 秋月(捷一号作戦)』が完成しました。(依頼製作)

『航空母艦 信濃』が完成しました。

『防空巡洋艦(重巡洋艦)摩耶 レイテ沖海戦時』が完成しました。

5,500t型 軽巡洋艦 解説
【PS4:WoWS】大型巡洋艦アラスカ(Alaska CB-1)
日本海軍 戦艦 金剛型 扶桑型 伊勢型 長門型 大和型
島風型駆逐艦『島風』について
アメリカ海軍 航空母艦の紹介
防空駆逐艦 『秋月型』
航空母艦 『信濃』について
日本海軍 重巡洋艦 【摩耶】を発見
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2022/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサーリンク


スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム
必要事項をご記入の上、お問い合わせ下さい。    (※メールアドレスの誤入力にお気を付け下さい。また、ドメイン指定受信を設定されている場合は、当工房からのメールが正しく届くように、次のドメインを受信できるようにお願いします。         → @seisekimokei.com 後日、メールにてご連絡致します。)

名前:
メール:
件名:
本文: