完成!!詳細画像掲載!1/700 日本海軍 伊号潜水艦 【伊-13、伊-14、伊-370、伊-400(フルハル仕様)】 !

1/700 日本海軍 伊号潜水艦 『伊-13』、『伊-14』、『伊-370』、『伊-400(フルハル仕様)』 が完成です!!


 ピットロード製やハセガワ製のキットをメインにして、各種の専用・純正エッチングパーツや汎用パーツ、多数の材料を使用し、必要箇所は自作パーツなども用いてスクラッチ製作し、出来る限りディテールアップしました。

伊-13・14や伊-400は今まで何度も作っているのですが、作るごとに新たな発見があって、さらに磨きがかかっております!!
詳細画像をアップしましたので、宜しければご覧ください!


(画像はクリックすると高画質でご覧頂けます)


日本海軍 潜水艦 「伊-400」 完成 フルハル仕様
・ディーゼル推進の通常潜水艦としては、世界最大の潜水艦、海底空母との名もある、日本海軍 特型潜水艦【伊-400】です。
フルハル仕様で完成させています。
魚雷発射管や主舵、スクリュープロペラなどの艦底の設備もわかり、艦も一回り大きく見えます。

日本海軍 潜水艦 「伊-400」 完成 フルハル仕様
・マストに『伊-400』が当時所属していた「第一潜水隊」を示す信号旗を掲げています。

日本海軍 潜水艦 「伊-400」 完成 フルハル仕様
・船体の塗装色は、 伊-400が竣工した「呉海軍工廠色」を塗布しています。

日本海軍 潜水艦 「伊-400」 完成 フルハル仕様
・特殊攻撃機「晴嵐」です。
画像をズームしてよく見るとわかるのですが、コックピットは、胴体をくり抜いて、シート部分も再現しています。

日本海軍 潜水艦 「伊-400」 完成
・垂直尾翼には機体番号も取り付けました。

日本海軍 潜水艦 「伊-400」 完成 フルハル仕様
・艦橋部は専用エッチングを使い、各種電探やループアンテナ、25㎜機銃類など、高精度になるように作り変えています。

日本海軍 潜水艦「伊-400」 完成 フルハル仕様
・艦橋マストや甲板アンテナ部分など、自作による製作で高性能なものに換装、または追加しています。

『伊-400』は、世界初の攻撃機搭載の潜水空母で、本格的攻撃機を3機搭載して長大な航続距離も有していました。





日本海軍 潜水艦 「伊-13」 完成
・【伊-13】です。
伊-400とともに潜水空母隊「第一潜水隊」に所属し、2機の本格的攻撃機を搭載可能でした。

日本海軍 潜水艦 「伊-13」 完成
・丸い飛行機格納筒が見どころの一つです。

日本海軍 潜水艦 「伊-13」 完成
・船体の塗装色は、在籍していた「呉海軍工廠色」を塗布しています。

日本海軍 潜水艦 「伊-13」 完成
・特殊攻撃機「晴嵐」を搭載しています。
コックピット部分は胴体をくり抜いてシート部分も再現しています。

日本海軍 潜水艦 「伊-13」 完成
・艦首・艦尾のフェアリーダーやボラードなども精密に作り変えています。

日本海軍 潜水艦 「伊-13」 完成

日本海軍 潜水艦 「伊-13」 完成
・マストには航海中の『方位』を示すものを掲げています。

艦橋部は伊-400同様、専用エッチングを使い、各種電探やループアンテナ、25㎜機銃類など、高精度になるように作り変えています。





日本海軍 潜水艦 「伊-14」 トップページ
・【伊-14】です。伊-13の僚艦です。
伊-400や伊-13などとともに「第一潜水隊」に所属していました。

日本海軍 潜水艦 「伊-14」 完成
・黒の台座は、作品を引き締めてくれます。

日本海軍 潜水艦 「伊-14」 完成
・船体の塗装色は、在籍していた「横須賀海軍工廠色」を塗布しています。

日本海軍 潜水艦 「伊-14」 完成
・艦橋から伸びているパイプ類もモールドを一旦取り外して、立体的になるように作り変えています。

マストには、「全艦風に向かって右」という動作を表す信号旗を掲げています。

日本海軍 潜水艦 「伊-14」 完成
・資料写真を元に出来るだけ作り込みました。艦橋や船体にある無数の穴は、精密ドリルを使用して一つ一つ穴をあけています。

日本海軍 潜水艦 「伊-14」 完成
・特殊攻撃機「晴嵐」を搭載しています。
コックピット部分は胴体をくり抜いてシート部分も再現しています。

日本海軍 潜水艦 「伊-14」 完成
・伊-400や伊-13と同様に、艦橋部は専用エッチングを使い、各種電探やループアンテナ、25㎜機銃類など、高精度になるように作り変えています。艦橋マストや甲板アンテナ部分なども、自作による製作で高性能なものに換装、または追加しています。

伊-13・伊-14は、伊-400とともに、日本海軍最後の作戦、「ウルシー泊地攻撃作戦」に参加しています。





日本海軍 潜水艦 「伊-370」 完成 トップページ

・忘れてはいけない歴史の「回天」を搭載した【伊-370】です。

【伊-370】は、元々は、弾薬・糧食など物資輸送を主任務として建造された潜水艦でしたが、昭和20年の初頭以降に「回天」搭載艦に改装されました。
前甲板に2基、後甲板に3基の「回天」を搭載可能でした。

日本海軍 潜水艦 「伊-370」 完成
・回天特別攻撃隊、「千早隊」を乗せて基地を出撃する伊-370の有名な資料写真を参考にしながら、「帽ふれ」の人員も設置しました。

当時の方たちのことを思うと少しつらかったですが、どうしても潜水艦の模型を作っていると避けられない歴史なので、当時のことを忘れないように、気持ちを込めて製作しました。

日本海軍 潜水艦 「伊-370」 完成
・「回天」も繊細な自作パーツを用いて、出来る限りディテールアップさせています。

日本海軍 潜水艦 「伊-370」 完成

日本海軍 潜水艦 「伊-370」 完成
・菊水マークや、マストの旗も、資料写真を参考にして再現しました。

日本海軍 潜水艦 「伊-370」 完成
・特徴的な艦橋の形状なども、プラ棒などを加工して製作、船体の塗装も在籍していた「佐世保海軍工廠色」を塗布し、再現しています。

日本海軍 潜水艦 「伊-370」 完成
・艦橋の逆三角形の形状は、現在のステルス性を考慮した、レーダー波を乱反射させることを狙ったものでした。

日本海軍 潜水艦 「伊-13・伊-14・伊-370・伊-400」 完成
・大きさ比較です。手との比較や、4隻並べてみると、とてもよくわかります。

日本海軍 潜水艦 「伊-13・伊-14・伊-370・伊-400」 完成
・各部塗装の細部の塗分けにはとても拘っています。

日本海軍 潜水艦 「伊-13・伊-14・伊-370・伊-400」 完成
・全艦に同じものは2つと出来ない、潜水艦特有のウェザリングを施し、仕上げとして模型全体にトップコート(つや消し)の保護コーティング塗装をしています。

まだまだ書ききれないほど、多数の工作、加工を施しています。


潜水艦を何度も作っていますが、本当に奥深いものです。数少ない歴史資料がそうさせているのでしょうか。

そして、回天で散っていった方々、潜水艦で無念のなか散っていった方々に、改めて哀悼の意を表します。



それでは!m(__)m



------------------------------------------------------------------------

◆「Twitter」と「ホームページ」もございますので、宜しければご覧ください。

<リンク>

・模型製作工房 聖蹟 Twitter

・模型製作工房 聖蹟 ホームページ



艦船ランキング 人気ブログランキングへ




1/700 米海軍 重巡洋艦 【デ・モイン(USS DES MOINES CA-134)】(1948年 竣工時)を建造します!!① (依頼製作)

色々と同時進行で製作しているのですが、
次はアメリカが建造した最後の重巡洋艦デモイン級の1番艦、
1/700【デ・モイン(USS DES MOINES CA-134)】(1948年竣工時)の建造を開始します!!①

世界初の新型速射砲を備えた米重巡洋艦の集大成艦です!!

艦名は、アイオワ州デモインから名付けられています。

『デ・モイン』の実際の起工日は1945年5月28日~で、竣工したのは第二次大戦が終結した、1948年11月16日のことでした。

元々は日本の重巡洋艦に対抗するために作られた艦級で、最大の特徴、自動装填装置を備えた新型速射砲 「8インチ55口径Mk.16 3連装砲」は、一門あたり毎分10発という今までの2~3倍ぐらいの発射速度を有する主砲でした。

前級の米ボルチモア級重巡に搭載された「Mk.15」が1門あたり毎分3~4発、日本の重巡の主砲発射速度は、1門あたり毎分3~5発と言われていましたので、おそろしい速度で発射可能で、実質的な打撃力は今までの艦を大幅に上回っている高性能な砲でした。

重装甲の防御面でも強力で、「最強にして最後の水上砲戦型重巡」とも言われています(゜o゜)

竣工は、第二次大戦には間に合いませんでしたが、アメリカの技術力には驚かされるところです(^▽^;)

その後、デ・モインは地中海に展開し『第6艦隊旗艦』の任務に従事しています。

出来るだけ作り込んで、「究極の第二次大戦型重巡」を再現したいと思います!!!


アメリカ重巡洋艦 【デ・モイン】製作開始!!FfVzVUZUoAEhT_1◆模型製作工房 聖蹟


------------------------------------------------------------------------

◆「Twitter」と「ホームページ」もございますので、宜しければご覧ください。

<リンク>

・模型製作工房 聖蹟 Twitter

・模型製作工房 聖蹟 ホームページ



艦船ランキング 人気ブログランキングへ



カウンター

プロフィール

模型製作工房  聖蹟

Author:模型製作工房 聖蹟
 ブログへようこそ!
主に艦船模型を製作しています。
『模型製作工房 聖蹟(せいせき)』の公式ブログです。

 模型製作記録や日々の出来事、気になる情報やお役立ち情報など、「工房長」と、その「助手」で、気ままに綴っています。

◆第31回ピットロードコンテスト2022 情景部門で潜水艦群が【銅賞】を受賞しました✨

※「Twitter」と「ホームページ」もありますので、よろしければご覧下さい。

リンク
Twitter タイムライン
模型製作記録や気になる出来事、役立つ情報など、気ままにツイート&リツイートしています。
お知らせ
・『第31回 ピットロードコンテスト 2022』で、潜水艦群(第一潜水隊) ジオラマ作品が情景部門で【銅賞】を受賞しました!!✨

・アーマーモデリング11月号別冊「ネイビーヤードVol.51」艦船模型専門全国誌にて、第31回ピットロードコンテスト2022 受賞作品が掲載されました。(2022.11.7)

・ホビージャパン、モデルアート、模型全国雑誌で第31回ピットロードコンテスト2022 受賞作品が掲載されました。(2022.9.26)

・『米海軍 重巡洋艦 デ・モイン(USS DES MOINES CA-134)』(1948年 竣工時)を製作中です。
(依頼製作)

・『軽巡洋艦 多摩(北方迷彩仕様 1942年1月中旬~5月中旬頃)』を製作中です。

・『伊号潜水艦 伊-400(フルハル)、伊-370、伊-13、伊-14、』が完成しました。

・『伊号潜水艦 伊-16、伊-27、伊-58(1944年・新造時)、伊-400』が完成しました。

・『米海軍 大型巡洋艦 アラスカ(USS Alaska CB-1)』が完成しました。(依頼製作)

・『高速戦艦 金剛(1944年 サマール島沖海戦時)』が完成しました。(依頼製作)

・『戦艦 大和(1945年)』が完成しました。(依頼製作)

・『米航空母艦 バンカー・ヒル(USS CV-17/Bunker Hill)』が完成しました。
(依頼製作)

・『高速・重雷装駆逐艦 島風(1944年 最終時)』が完成しました。
(依頼製作)

・『防空駆逐艦 秋月(捷一号作戦)』が完成しました。(依頼製作)

・『航空母艦 信濃』が完成しました。

・『防空巡洋艦(重巡洋艦)摩耶 レイテ沖海戦時』が完成しました。

【PS4:WoWS】重巡洋艦デ・モイン(DES MOINES CA-134)
5,500t型 軽巡洋艦 解説
【PS4:WoWS】大型巡洋艦アラスカ(Alaska CB-1)
日本海軍 戦艦 金剛型 扶桑型 伊勢型 長門型 大和型
島風型駆逐艦『島風』について
アメリカ海軍 航空母艦の紹介
防空駆逐艦 『秋月型』
航空母艦 『信濃』について
日本海軍 重巡洋艦 【摩耶】を発見
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサーリンク


スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム
必要事項をご記入の上、お問い合わせ下さい。    (※メールアドレスの誤入力にお気を付け下さい。また、ドメイン指定受信を設定されている場合は、当工房からのメールが正しく届くように、次のドメインを受信できるようにお願いします。         → @seisekimokei.com 後日、メールにてご連絡致します。)

名前:
メール:
件名:
本文: