FC2ブログ

完成しました!!(まずは、数枚の完成画像です!) 1/700 日本海軍 航空母艦 『飛龍』(1942年 ミッドウェー海戦時) ㉞    (依頼製作)

1/700 日本海軍 航空母艦 『飛龍』(1942年 ミッドウェー海戦時)
完成!!! ㉞

ついに完成しました!!
過去最長の製作期間だったかもしれません・・・どうだろうか・・・((+_+))
でも、完成は嬉しいです!!

まずは、取り急ぎ、完成画像を数枚アップします!
江ノ島で野外撮影もしてきました。

たったの一艦で米機動部隊に戦いを挑んだ孤軍奮闘の日本海軍 航空母艦 【飛龍】、出来る限り作り込んでいます!
また後日、詳細画像をアップしていきたいと思います(=゚ω゚)ノ


(画像はクリックすると高画質でご覧頂けます)


完成!!日本海軍 航空母艦 【飛龍】(1942年 ミッドウェー海戦時 トップページ2-274-10◆模型製作工房 聖蹟

完成!!日本海軍 航空母艦 【飛龍】(1942年 ミッドウェー海戦時 2DSC_0375-1-3-25◆模型製作工房 聖蹟

完成!!日本海軍 航空母艦 【飛龍】(1942年 ミッドウェー海戦時 3DSC_0653-1-2-3-25◆模型製作工房 聖蹟

完成!!日本海軍 航空母艦 【飛龍】(1942年 ミッドウェー海戦時 4DSC_0474-3-2-2-25◆模型製作工房 聖蹟

完成!!日本海軍 航空母艦 【飛龍】(1942年 ミッドウェー海戦時 DSC_0899-1-3-25◆模型製作工房 聖蹟





------------------------------------------------------------------------

◆「X (エックス) 旧Twitter」と「ホームページ」もございますので、宜しければご覧ください。

<リンク>

・模型製作工房 聖蹟 「X(エックス) 旧Twitter」

・模型製作工房 聖蹟 ホームページ



艦船ランキング 人気ブログランキングへ



空中線や最終追加艤装など 日本海軍 航空母艦 『飛龍』(1942年 ミッドウェー海戦時) 製作中 ㉝ (依頼製作)



日本海軍 航空母艦 『飛龍』(1942年 ミッドウェー海戦時) 製作中 ㉝

空中線や、最終追加艤装をしているところです!!!

航空母艦【飛龍】、最終局面、追い込み中のところです!(=゚ω゚)ノ

今回の画像は、かなりバラバラの場所の工程写真になりますが、まとめてご紹介します!

(画像はクリックすると高画質でご覧頂けます)


日本海軍 航空母艦 【飛龍】(1942年 ミッドウェー海戦時) 製作中 ウェザリング中GAiRD58b0AAiqT6◆模型製作工房 聖蹟
・ウェザリングの場面です。
一つ一つ気持ちを込めていきます😊

20230512091535980-2.jpg ・ちなみにこちらは、同じアングルのビフォー写真です。大変でした(;^ω^)

日本海軍 航空母艦 【飛龍】(1942年 ミッドウェー海戦時) 製作中 艶消し塗布完了F_5EpRDbMAAUs4o◆模型製作工房 聖蹟
・ウェザリングが終わり、艶消しを塗布して色味がだいぶ落ち着きました♪

日本海軍 航空母艦 【飛龍】(1942年 ミッドウェー海戦時) 製作中 自作速力票GAQ50NVaMAAmsyy◆模型製作工房 聖蹟
・空中線や、マストを作りこんでいるところです。

赤矢印の部分、「速力標」をプラ棒などで自作しました。
苦労したようには見えないかもしれませんが、かなりの高難易度、ハイレベルな工作でした(^◇^;)
今回の飛龍全体の中でも3本指の中に入るかもです・・・。

でも、立体的に出来て、自作なのでサイズ感も調整できたのでよかったです ^^) _旦~~

日本海軍 航空母艦 【飛龍】(1942年 ミッドウェー海戦時) 製作中 水蒸気追加GAdHpdJa0AAVizK◆模型製作工房 聖蹟
・これは、甲板前部の風向標識にある設備で、艦上機が発艦する際の風向きの安定を見る、「蒸気吹き出し口」の水蒸気表現を加えたところです。

コットンを着色して取り付ける、とてもシンプルな表現なのですが、水蒸気の量の加減がとても難しいところでした。

映画の日本機の発艦シーンなどでも確認することができますよ(^^)

日本海軍 航空母艦 【飛龍】(1942年 ミッドウェー海戦時) 製作中 ネームプレート制作GAncf35asAAtICc-3◆模型製作工房 聖蹟
・ブリキ板のネームプレートも作りました!
ディスプレイケースの台座、海面プレートに貼り付けられるようにしていきます。


そして、いよいよ、次のブログが、完成報告かもしれません!!
( ;∀;)スデニナミダガ・・・。






------------------------------------------------------------------------

◆「X (エックス) 旧Twitter」と「ホームページ」もございますので、宜しければご覧ください。

<リンク>

・模型製作工房 聖蹟 「X(エックス) 旧Twitter」

・模型製作工房 聖蹟 ホームページ



艦船ランキング 人気ブログランキングへ



カウンター

プロフィール

模型製作工房  聖蹟

Author:模型製作工房 聖蹟
 ブログへようこそ!
主に艦船模型を製作しています。
『模型製作工房 聖蹟(せいせき)』の公式ブログです。

 模型製作記録や日々の出来事、気になる情報やお役立ち情報など、「工房長」と、その「助手」で、気ままに綴っています。

※「X(エックス)旧Twitter」と「ホームページ」もございますので、よろしければご覧下さい。

リンク
X(エックス)旧Twitter タイムライン
模型製作記録や気になる出来事、役立つ情報など、気ままにツイート&リツイートしています。
お知らせ
・日本海軍 航空母艦『飛龍』(ミッドウェー海戦時 1942年)が完成しました。(2023.12.8) (依頼製作)

・【作品展示】第31回ピットロードコンテスト2022 情景部門 銅賞 受賞作品をタム・タム相模原店『春の!プラモデル展示会』にて展示して頂きました。
(2023年3月4日~2023年4月2日まで)

・『第31回 ピットロードコンテスト 2022』で、潜水艦群(第一潜水隊) ジオラマ作品が情景部門で【銅賞】を受賞しました!!✨

・アーマーモデリング11月号別冊「ネイビーヤードVol.51」艦船模型専門全国誌にて、第31回ピットロードコンテスト2022 受賞作品が掲載されました。(2022.11.7)

・ホビージャパン、モデルアート、模型全国雑誌で第31回ピットロードコンテスト2022 受賞作品が掲載されました。(2022.9.26)

・『米海軍 重巡洋艦 デ・モイン(USS DES MOINES CA-134)』(1948年 竣工時前後)が完成しました。(2023.3.9)
(依頼製作)

・『軽巡洋艦 多摩(北方迷彩仕様 1942年1月中旬~5月中旬頃)』を製作中です。

・『伊号潜水艦 伊-400(フルハル)、伊-370、伊-13、伊-14、』が完成しました。

・『伊号潜水艦 伊-16、伊-27、伊-58(1944年・新造時)、伊-400』が完成しました。

・『米海軍 大型巡洋艦 アラスカ(USS Alaska CB-1)』が完成しました。(依頼製作)

・『高速戦艦 金剛(1944年 サマール島沖海戦時)』が完成しました。(依頼製作)

・『戦艦 大和(1945年)』が完成しました。(依頼製作)

・『米航空母艦 バンカー・ヒル(USS CV-17/Bunker Hill)』が完成しました。
(依頼製作)

・『高速・重雷装駆逐艦 島風(1944年 最終時)』が完成しました。
(依頼製作)

・『防空駆逐艦 秋月(捷一号作戦)』が完成しました。(依頼製作)

・『航空母艦 信濃』が完成しました。

・『防空巡洋艦(重巡洋艦)摩耶 レイテ沖海戦時』が完成しました。

空母【飛龍】孤軍奮闘記(ミッドウェイ海戦)
【PS4:WoWS】重巡洋艦デ・モイン(DES MOINES CA-134)
5,500t型 軽巡洋艦 解説
【PS4:WoWS】大型巡洋艦アラスカ(Alaska CB-1)
日本海軍 戦艦 金剛型 扶桑型 伊勢型 長門型 大和型
島風型駆逐艦『島風』について
アメリカ海軍 航空母艦の紹介
防空駆逐艦 『秋月型』
航空母艦 『信濃』について
日本海軍 重巡洋艦 【摩耶】を発見
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク


検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム
必要事項をご記入の上、お問い合わせ下さい。    (※メールアドレスの誤入力にお気を付け下さい。また、ドメイン指定受信を設定されている場合は、当工房からのメールが正しく届くように、次のドメインを受信できるようにお願いします。         → @seisekimokei.com 後日、メールにてご連絡致します。)

名前:
メール:
件名:
本文: