完成!! 1/700 【赤城】(ミッドウェー海戦時 1942年)の詳細画像です!

 完成しました! 1/700 日本海軍 航空母艦 【赤城】(ミッドウェー海戦時 1942年) の詳細画像です!!

ハセガワ製のキットをメインにして、各種の赤城専用エッチングパーツや多数の材料を使用し、必要箇所は自作パーツなども用いてスクラッチ製作し、可能な限りディテールアップしました。

 実は、赤城の竣工は今年になって3回目なのですが、何度作っても作業工程が多くて、大変な船です(*'▽') でも、思いを込めて作り込みました!( ^^) _U~~

 今回は、ご依頼主様のご要望で、「アクリめいと製ケース」(ディスプレイケース)に設置、人員の追加工作、艦橋窓のガラス表現、発動機調整台の設置などを行いました。多少、今までの赤城と変わっています。

なるべく画像を載せましたので、ご覧ください(=゚ω゚)ノ 

(画像はクリックすると高画質でご覧頂けます)

赤城(ミッドウェー海戦)-1

DSCN8652-1-2.jpg
・甲板は、多色塗分け塗装で木甲板を表現し、雨風やオイル、今までの激戦などの使用感を表す風合いを付けています。
ミッドウェー海戦時の特徴的な日章旗タイプの日の丸を描いています。

各、白線、風向き標識なども塗装で再現しています。

DSCN7751-1-2.jpg

DSCN8718-1-3.jpg
・艦橋の弾片防御用のマントレットを、資料を参考にしながら、製作しています。ミッドウェー海戦時ですので、少しだけ真珠湾攻撃時と設置箇所を変えています。

DSCN8739-1-2.jpg

DSCN7901-1-2.jpg
・艦橋以外の各所にも、マントレットを取り付けています。
後ろにある巨大な煙突も、赤城の特徴的なところです。

DSCN7968-1-2.jpg

DSCN8448-1-2.jpg
・人員を配置しています。
制服の色、作業服の色、帽子など、塗分けています。

DSCN8668-1.jpg

DSCN8033-1.jpg
・赤城の雰囲気を壊さないように、慎重に配置しました。

DSCN8302-1-3.jpg
・艦尾甲板です。魚雷運搬車や木箱も設置しています。

DSCN8028-1-3.jpg
DSCN8244-1.jpg
赤城は『第一航空艦隊第一航空戦隊の旗艦』でした。

旗艦として、「南雲忠一 中将」が乗艦していましたので、マストの上部に中将旗を掲げています。
中将旗の下には、真珠湾攻撃時にも掲げられていた「大軍艦旗」(決戦と目された戦いに掲げるもの)を掲揚しています。

信号旗は、『第一航空艦隊第一航空戦隊』を表すものと、『敵主力艦隊見ゆ』を表すものを掲げています。
ミッドウェー海戦時の緊迫感が伝わればと思います。

DSCN8791-1.jpg

DSCN8227-1.jpg
・艦上機は、零式艦上戦闘機10機、九九艦上爆撃機8機、九七式艦上攻撃機8機の、合計26機です。
九七式艦攻には、歴戦により塗装が剥がれたことを表現する、銀チョロ塗装をしています。

DSCN8309-1.jpg
・胴体に、赤城所属を表す一本の赤帯を取り付けています。
また、資料を参考にして、垂直尾翼に代表的な機体番号のマーキングを入れています。
各隊長機を示す垂直尾翼の帯も入れています。

調べてもわからない機体番号は、見立てて表現しました。

DSCN8333-1-2.jpg

DSCN8694-1.jpg
・先頭の零式艦上戦闘機は、戦闘機飛行隊長、「板谷 茂 少佐」の機体を再現しています(^^)
(機体番号 AI-155)

DSCN8720-1-3.jpg

DSCN8262-1-2.jpg

DSCN8193-1.jpg
・赤白の着艦標識、艦上機の搭乗員が赤城を特定する、「ア」の文字も塗装による再現です。

DSCN8350-1-3.jpg

DSCN8574-1-2.jpg
・艦橋の窓の、窓ガラスを再現しています。よく見ると、艦橋の窓が「キラッ」としていると思います。
光を当てると、キラキラします(*^^*)

DSCN8189-1-2.jpg
・船体中央に見えるプロペラは、発動調整台です。工夫して製作しました。

DSCN8371-1-3.jpg
・艦首のトラス構造です。大枠はエッチングパーツで作り、細部は、極細真鍮線によるスクラッチ製作で再現しています。

DSCN8398-1-3.jpg

DSCN8401-1-2.jpg
・下から見上げると、なかなか見応えがありますよ(*´Д`)

DSCN8511-1-2.jpg

DSCN8489-1-2.jpg
・艦尾のトラス構造です。艦首と同様に、細部は自作パーツで工夫しています。

ぴったりと飛行甲板に取り付けることが出来ました♪
しかし、パーツが密集していて、何度やっても、飛行甲板との取り付けには苦労します(^^; 苦笑 

DSCN8192-1-3.jpg

DSCN8167-1-2.jpg
・甲板下の搭載艇は、甲板で隠れて見づらくなってしまうんですけど、なるべく奥の方まで作り込んでいます。

DSCN8180-1-2.jpg
・中央に見える3つの砲は、「12㎝連装高角砲」です。この砲を最後まで装備していたのは、赤城だけでした。
僚艦の「加賀」は、近代化改装の際に、「12.7㎝連装高角砲」に換装されていました。

断片防御用ロープも設置しています。ミッドウェー海戦時ですので、マントレットと同様に、真珠湾攻撃時とは少し設置の仕方を変えています。

DSCN8549-1-3.jpg
・一円玉比較です。(@^^)/~~~

DSCN8535-1-2.jpg

DSCN7538-1.jpg
・「アクリめいと」製のケースです。
荒波プレートに設置しています。

DSCN7570-1.jpg
・プレートが、照明にキラキラ光って綺麗です(*'▽')

DSCN7607-1.jpg

DSCN7668-1.jpg
・少々高級なケースですが、しっかり作られていて、ケース製作者の思いを感じます(´Д⊂ヽ

赤城(ミッドウェー海戦)-2

 空母特有のウェザリングを施し、仕上げとして模型全体にトップコート(つや消し)の保護コーティング塗装をしています。

 日本最初の大型空母、『航空母艦 赤城』は、左舷に艦橋があり、船体の構造も変わっていて、独特の雰囲気を持っています。 ミッドウェー海戦時の甲板の巨大な日の丸は、とても見栄えして迫力があるのですが、実戦では、この日の丸が目立ちすぎてしまい、ドーントレス(急降下爆撃隊)の絶好の的になってしまいました(/_;)

この海戦以降、戦訓により、甲板に日の丸が描かれることはありませんでした。

でも、模型的には、とても見栄えする日の丸です。日章旗タイプなので、他の空母との違いもとても感じられて、特別感がありますよ( ^^) _U~~

それでは!m(__)m


艦船ランキング 人気ブログランキングへ



コメント

Secret

カウンター

プロフィール

模型製作工房  聖蹟

Author:模型製作工房 聖蹟
 ブログへようこそ!
主に艦船模型を製作しています。
『模型製作工房 聖蹟(せいせき)』の公式ブログです。

 模型製作記録や日々の出来事、気になる情報やお役立ち情報など、「工房長」と、その「助手」で、気ままに綴っています。

※「Twitter」と「ホームページ」もありますので、よろしければご覧下さい。

リンク
Twitter タイムライン
模型製作記録や気になる出来事、役立つ情報など、気ままにツイート&リツイートしています。
お知らせ
『高速戦艦 金剛(1944年 レイテ沖海戦時)』を製作中です。
(依頼製作)

『戦艦 大和(1945年)』が完成しました。(依頼製作)

『米航空母艦 バンカー・ヒル(USS CV-17/Bunker Hill)』が完成しました。
(依頼製作)

『高速・重雷装駆逐艦 島風(1944年 最終時)』が完成しました。
(依頼製作)

『防空駆逐艦 秋月(捷一号作戦)』が完成しました。(依頼製作)

『航空母艦 信濃』が完成しました。

『防空巡洋艦(重巡洋艦)摩耶 レイテ沖海戦時』が完成しました。

日本海軍 戦艦 金剛型 扶桑型 伊勢型 長門型 大和型
島風型駆逐艦『島風』について
アメリカ海軍 航空母艦の紹介
防空駆逐艦 『秋月型』
航空母艦 『信濃』について
日本海軍 重巡洋艦 【摩耶】を発見
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スポンサーリンク


スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム
必要事項をご記入の上、お問い合わせ下さい。 (※メールアドレスの誤入力にお気を付け下さい。また、ドメイン指定受信を設定されている場合は、次のドメインを受信できるようにお願いします。→ @yahoo.co.jp 後日、メールにてご連絡致します。)

名前:
メール:
件名:
本文: