球磨(1/700)が完成しました

球磨-1
 球磨が完成し、ヤフオクにて出品しています。
資料の写真を見ながら、艦橋の張り線を製作しました。5500tクラスの軽巡洋艦は、張り線が細かく張り巡らされていて、それがとても綺麗なのですが、製作はたいへんでした(T_T)
でも、無事に完成出来ました(^-^;
 甲板はエッチング甲板で再構築してありますので、リノリウム押さえ金具なども、オーバースケールにならず、綺麗に仕上がっていると思います。
球磨-DSCN8049-1
 大正7年8月29日に佐世保工廠で起工し、同9年8月31日に竣工した球磨は、球磨型のネームシップであり、14隻ある5500t型軽巡洋艦の一番艦です。5500t型軽巡洋艦の特徴が詰まっている艦だと思います。その特徴のなかでも、煙突の雨水除け装置のふくらみがあるのは球磨と木曽だけで、3本とも全てあるのは、球磨だけです。(木曽は、第1、第2煙突のみでした。)
 そして、実は球磨は、新造時から航空機搭載設備をもった最初の『日本水上艦艇』でした。
球磨-DSCN8211-1
 球磨は、開戦当初からフィリピン方面で活動し、セブ湾砲撃や上陸の擁護、魚雷艇との交戦など、たくさんの任務につきました。
フィリピン攻略作戦が終わってからは、哨戒任務や、人員、物資の輸送などを中心に活動していました。

今回製作した1942年の球磨は、一番元気があった時かもしれません。

ヤフオクで画像もたくさん載せたので、詳細はこちらをご覧下さい→ヤフオク 球磨 1/700 完成品

引き続き、榛名の仕上げに取りかかります(^-^)

コメント

Secret

カウンター

プロフィール

模型製作工房  聖蹟

Author:模型製作工房 聖蹟
 ブログへようこそ!
主に艦船模型を製作しています。
『模型製作工房 聖蹟(せいせき)』の公式ブログです。

 模型製作記録や日々の出来事、気になる情報やお役立ち情報など、「工房長」と、その「助手」で、気ままに綴っています。

※Twitter もありますので、よろしければご覧下さい。

リンク
Twitter タイムライン
お知らせ
『航空母艦 赤城(真珠湾攻撃時 1941年)』を製作中です。(依頼製作)

『航空母艦 加賀 (ミッドウェー海戦 1942年)』が完成しました。

航空母艦 赤城について
航空母艦 加賀(1921-1942)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: